予防歯科

「砂糖中毒」に気をつけて!

暑い日が続き、冷たいジュースやアイスを手に取る機会が増えてきました。

砂糖などの甘味料には、アルコールや薬物と同様に、ドーパミンやセロトニンといった幸せホルモンを分泌させるはたらきがあります。
これにより、甘いものがもっと欲しくなり、やめられなくなります。

現代人の多くが砂糖中毒と言われており、肥満、高血圧、心臓病、糖尿病、といった健康問題が注目されています。
毎日のように甘いお菓子を食べてしまう人は、砂糖中毒かもしれません。

砂糖の取りすぎに気をつけて、元気な身体で夏を乗り切りましょう!