お知らせ スタッフブログ

お子さんの歯科治療

歯科治療と聞いてどんなイメージが浮かびますか?

まず思い付くのが、「こわい」「痛い」ではないでしょうか。特に、お子さん達のほとんどは「こわい歯医者さん」に勇気を振り絞ってやってきます。

しかし、歯科医院の前、診療室まで来ると、歯科医院特有の音や薬品のにおいなどにより、その勇気よりも恐怖心のほうがまさってしまう子も多いようです。大人でもこわいのですから、生まれて初めて治療にやってくるお子さんがこわいのは当たり前です。当院では恐怖心が強く、治療が難しい場合、まず練習をします。

練習は歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことから始めます。あいさつやその日の出来事、服装など簡単にお返事の出来ることから話しかけて緊張をほぐしていきます。医院の雰囲気になれてきたところで今度は治療の雰囲気になれてもらいます。どんな事をするのかが分からないのはとても不安ですものね。 そこで治療に使う器具をみせながら、何をする器具なのか、どんなふうに使うのか、説明しながら実際にお口の中で動かしてみます。本当に削ったりするわけではないので痛みはありません。少しずつできることを増やし、治療へと進めていきます。

歯医者さんは、歯の掃除をしてくれて歯磨きや治療を頑張れば褒めてくれる、気持ちよくて楽しいところ!

歯科医院に通う事が生活の一部となりメンテナンスを受け続けた先に待っているのは、明るい未来!

多くの歯が残ることで生活習慣病にかかりにくくなり、好きなものをしっかり食べて、歌ってしゃべって…… 虫歯や歯周病にならないだけでなく人生を大いに謳歌できるのです。

その道筋を引くのが私達の役割だと思ってます(^^)